古事記 中巻 第四代 懿徳天皇

大倭日子鉏友命おほやまとひこすきとものみこと坐輕之境岡宮かるのさかひのをかのみやにまし治天下也あめのしたをおさめたまふなり
此天皇このすめらみこと娶師木縣主之祖しきのあがたぬしのおや賦登麻和訶比賣命ふとまわかびめのみこと亦名飯日比賣命またのなをいひひびめのみことを めあはし生御子あれましみこ御眞津日子訶惠志泥命みまつひこかえしねのみこと  自訶下四字以音かよりしもよじこえをもちふるつぎに多藝志比古命たぎしひこのみこと二柱ふたはしら
かれ御眞津日子訶惠志泥命者みまつひこかゑしねのみことは治天下也あめのしたをおさめたまふなり
次當藝志比古命者つぎにたぎしひこのみことは血沼之別ちぬのわけ多遲麻之竹別たぢまのたけのわけ葦井之稻置之祖あしいのいなきのおやなり
天皇御年すめらみことおんとし 肆拾伍歲よそちあまりいつとせ御陵在畝火山之眞名子谷上也みささぎうねびやまのまなこのたにのへにあるなり

大倭日子鉏友命おほやまとひこすきとものみこと第四代 懿德天皇いとくてんのうは、 かる境岡宮さかいのおかのみやで、 天下を治められました。
この天皇は、 師木縣主しきのあがたぬしの祖先・ 賦登麻和訶比賣命ふとまわかびめのみこと・ またの名を飯日比賣命いいひびめのみことめとられて、 誕生された御子は 御眞津日子訶惠志泥命みまつひこかえしねのみこと、 次に多藝志比古命たぎしひこのみことの二柱です。
そして、 御眞津日子訶惠志泥命みまつひこかえしねのみことは、 天下を治められました。第五代 孝昭天皇こうしょうてんのうのこと
次に當藝志比古命たぎしひこのみことは、 血沼之別ちぬのわけ多遲麻之竹別たぢまのたけのわけ葦井之稻置あしいのいなきの祖先です。
懿德天皇は四十五歲で崩御されました。
御陵ごりょう畝傍山南纖沙溪上陵うねびやまのみなみのまなごのたにのえのみささぎ奈良縣橿原市西池尻町で畝傍山の南西側に比定にございます。

畝傍山南繊沙渓上陵うねびやまのみなみのまなごのたにのえのみささぎ